ヘリコプターの操縦士になるためには

ヘリコプターの操縦士になるためには基本的には免許を取得しなければなりません。ヘリ免許を取得し、パイロットになるためには飛行機、ヘリコプター共に少なくとも自家用操縦士免許を取得しなければなりません。では、実際にどのような流れになっているか知りたいと思っている方も多いので、ここでは免許取得までの流れについて紹介します。

まず免許を取得するにあたって身体検査が必要になります。ここでは操縦士になるための身体検査を行い、免許を取得するにあたって問題が無ければクリアとなります。続いて実際に試験の対策をしていきますが、基本的に初めは学科試験対策から行うのが一般的です。例えば自家用学科試験には具体的に説明すると5科目が存在しており、それぞれ合格ラインを越えなければなりません。難しく感じられるかもしれませんが、基本的には過去問をしっかりと勉強しておけば合格することは難しくないと言われています。学科試験の勉強を行いますが、ある程度学んだら並行して飛行訓練も行います。飛行訓練では主に実地試験に合格することを目標に進めていきます。基本的に実地試験に合格をすると自家用操縦士免許を取得することができます。

このように、大まかに説明しましたが、主に学科と飛行訓練などをスクールでは行うので、これから免許を取得したい方は事前に知っておくといいでしょう。